ヘッドライン

人気ページ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] TB(-) | CM(-) | スポンサー広告

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 最終話

517 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/26(木) 02:41:48 ID:yG4wqFUM

    この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色、構成したものです


  最終話



                          ___ ____
                        /彡三彡三ヾヾヾヾ\
                        (ヾヾヾヾヾヾヾヾヾヾヾヾヽ
                        /        》ヾヾヾヾヾヽ
                       /         《ヾヾヾヾヾ|
                       ∠;ヾ  ∠;ミ;ミミ、  ヾヾヾヾヾ;|
                      ( ノ )--( \ )---- ヾヾヾ;|
                       | ./           リ⌒ヽ
    .                     | ./            ''б) |
                       | ( __、j ゝ        ゝ__,ノ
                       | ;;iiiiiミミ; \      / ./
                       ヽヽ二二ソ      / |
                        ヽ ー     / /\
    .                    |`ー---一''"_/  /\
                         /| >< ̄ ̄ /  /   \
                         昭和天皇



        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           昭和64年1月7日、昭和天皇陛下が崩御された。

           第二次大戦、戦後の復興、高度経済成長、バブル経済など激動の昭和を
           象徴する陛下の死は、多くの日本国民に一つの時代の終焉と、新たな時代
           の到来を予感させた。

        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

518 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/26(木) 02:43:05 ID:yG4wqFUM

     /  ,/ / /   _,..-''
   ,.ィ <´  〈,/〃/-//-'"/ / ,/_
   } } ,〉 //" ,r'´ノ ,r'′//-  ____ノ
   ,) Y ノ // ,r'' ―、''"二´‐'/
  ,イ   ノ り ,=、-ニ_   ====-‐''"
  ,) Y  ィイィノ || ,r'ヽ´‐'==-‐''ニ__
 〈 `ヾべ| :::   ゥ) `8、ヽ‐ ヽニ_-ニ__      ┌───────────────────────┐
 〈 Z⌒\{::::  _"\ \ヽヽ''-._ニ.._
  `‐''^ └-ィ..ノ  /  ||  \             とりわけ、漫画界においてその傾向は顕著だった。
      ,. --ヾ__/ ☆    \.            陛下の死から約一カ月後の平成元年2月9日に、
      >----<,,,,)        \.          今度は手塚治虫が亡くなったからだ。
     (||>/ ̄         ヽ |ヽ
      (           ヽ   | ||     └───────────────────────┘
       \      |ノ  ノイ /
         |      ヽ   |ノ /|
          手塚治虫







             闘病3ヶ月で死んじゃうんだもんなぁ…。
             ______  _________
                      |/
                / ̄ ̄\
              /    ノ ^ヽ
              |    ( ●)(●)               ____
           .   |   ⌒(__人__)            /      \
               |     `⌒ ' ノ          /─    ─  \   
           .    |        }  \      / (●) (●)    \
           .    ヽ        }     \ カラン |   (__人__)       |  信じられないお…。
                ヽ__  ノ       \   \_ ` ⌒´  __/
                /:::::::::::::く. \    ヽニ/ \  ノ /:::| l><l /::::::/ \
                |:::::::::::::( \  \   || (⌒二  l:::::ヽ_/:::::::::| f   |
                 |::::::::::::::|ヽ、二⌒)、  ̄    \l::::::|:::::::::::::::::| l   |
               赤塚やらない夫              長谷やる夫
               (赤塚不二夫)               (赤塚のブレーン)




       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           特に僕のように手塚と同じ時代を生きた漫画家にとって、彼の訃報が与えた衝撃は
           大きい。


           「漫画などをいつまで描いてればいいのだ」と、漫画家を続けることに疑問を感じた時
           「だが手塚先生は、まだ前を向いて走っている。ならば、僕のような未熟者が弱音を
           吐くなどあってはならない」と、手塚治虫が心の支えにもなっていたからである。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

続きを読む

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第16話

432 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/19(木) 01:30:07 ID:lGkxeHTA

    この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色、構成したものです


 第16話


.    ∧∨========ハk/キ≦/ヘ∨./r' ゚ソ__ハ∨///_八厶斗==ニ ( ヽ}三三三三三二ニ≡≡==
三三三ム∨三三三三三三 }ii{ >}´|l|lll|三.∧'.{{ 乂 __  ト }}イ { `ゞii厶斗==ニ二} i|片=≦   -==≡≡;;;;}{
====! 斗 = = ===斗セ≧.!.!l |==ゝ.ゞミノ}八/.イ}=z:|   }  | : : |   ||    .|:|     || }{ .ji_i:! _ ハ
.      |否!   __   |iiii{{否}}{l{lll{    |iii|>=彡く:!:::::|   |  | : : |   || _ .|:|    ii ハ∨::∨-从 } {:::::|
.       |iiiii|   |{゚ω゚}|   !iiiiiゝ.イ |l|lll|     |iii|{{__}}、@ }}::::::!   !  ! : : !   !! |:::::::||:|__(_)_}::::::} |::::}(__)__j
.      |iiiii|     ̄ ̄   .!iiiii!  .|l|lll|     |iiお    ̄!:|:::: |   |  | : : |   |||:::::||:|三二ニ≡≡≡≡≡≡===
三三三三|iiiii|三三三三三_.」iiiiiL三 |l|lll|三三@Y⌒i トvえ| !:::: !   !  ! : : !   }! |:::::::||:|  .Y .ハ.⌒ヽ     ||
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r――――ziii+.|{.|l|lll|   @ゞ=彡咲咲 |::::::!  __|  | : : |◎ ||+≦」:!  !  }  }}== 从 /∧
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r=ァ====≦_ .!..|l|__!__ |_____|艸艸艸!: : | ./ハ _: ::!__  ||    !!  ゝ=彡 乂_Y ハi i ii|
 ̄ ̄ ̄`ヽ三三  Ⅹ t=ァ//ゝ=彡 . |l{::`.< `ー-'´|____|Li::::::| {_彡' |  | / .ハ/⌒ヽ.  || }-=ニ二三_=ゝイi i i j
====彡'____   ̄ Ⅹ   .Ⅶ  .|l|l>  `.<   _乂ノ ̄  > {zzz}ム//{   ':!  ||////   ||//, ̄三二ニ==-
|| /イ ((___))         ̄  .L!ll!::::::::> .`.<`ヽ__}{__`ヽ     ゞイ八 彡'<.!!///!   .||///⌒ヽ
>―<  ∨/         Y´ ̄ ̄`Y!:::::::::::::::::::>  `. <     弋__ノ        ` <.... ||/i{   ,i≦
ミ===彡  ./∧        乂__.ノ.!::::::::::::::::::::::::::::::>  .` .<   _}{_             ` <ム ,.イ/  {
 ∨/   . ̄ ̄         ゞ===彡 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   ` <                 ≧彡'=台
 /∧               Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>   .` <
.. ̄ ̄               ト`ー===彡' }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>    ` <
                   >== ==≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                 ≦三ノz_____zム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                      }} ||{{::>====ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` .<
                      || |イ         `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` <
                     ムソi> .         , イ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                    //ノ`<i i i ≧==≦ i iソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                   `≦    ヾミー=二二=彡 ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>        ` <

433 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/19(木) 01:31:20 ID:lGkxeHTA

                                                  ___
                                                /      \
                                                   /⌒   ⌒   \
                いや~、セっちゃん。随分シャレたところ     /(● ) (● )   \
                知ってるんで驚いたお。               | ⌒(__人__)⌒      |
                                              \   `⌒ ´     /
                                              /            ⌒ヽ
                                              / _        /  |
                                               長谷やる夫
                                              (赤塚のブレーン)







                    ,..-─-  ._
                ,.-:'::::::::::::::::::::::::_::`丶、
                /::::::::::::::::::::::::::\:::::`ヽ::::::\
                 ,.':::::::::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::':,::::::::ヽ
             /::::::::::::::::l::::::::!::::::::::::::::::ヘ:::::::::l::::::::::ヘ
              ,′:::::::::l:::∧:::::|:::::|\ -‐-L_:::::|::::::::l:::i
               |::l:::::::::::j:イ´\l\|  \::::ハ:::::/:::::|::|:::|
              |::|:::::|::::::N,x=、       行ミト/|:::/l:ノ:::|
            、|:::::|::::::|ハ 心.}     { じり' jイ.:::::::::!
             \|\_> 辷ソ  ,   ー-' ;:::リ:::::|::|
               |::::::::::',     ___    /:::::l::::::::|::|   ありがとう。ここは不二夫さんと付き合ってた時
          __   |:::::::::ヽ、   ` ´   ,/::::::::l:::::::::、|   よく連れてきてもらってたのよ。
.            Y7ヽ、 | :::::::::::::::>.,. ..__.. '´/::::::::::l::::::::::::ヽ
          〈 ' / ∧ |:::::::::::::::j_//   /:::::::::/ヽ、:::::::::::ヘ
          ヽ   ( |::::::::::::://⌒ヽ /'::::::::;::/  _ヽ:::::::::ヘ
           rヽ   ):::::::::,'厶-、/ /:::::/j/ /  `ヽ:::::::∧
           , }`¨¨´ }:|::::/    , '  |::::/  /       l::::::::::ハ
         i´ ヽ ___N∨   /     ∨   /      |:::::::::::::'.
         |     } |  ./      /         |::::::::::::::|
         /     /  !  /     /        |:::::|::::::!
.         /     ハ  | /   _,. -'´     l         |:::::::|::::,′
        |      l. \∨_,. -'´       |         |::::/|::/
        ヽ    / |マ|            |         l∨ |/
                 田村セツコ
                (赤塚の元恋人)

続きを読む

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第15話

380 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/11(水) 02:56:23 ID:.L5xvMJQ

    この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色、構成したものです


  第15話


,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|
        :   ,                    :::|
 . ____  .   ____       ____     |
  |i―ii―i|       .|i―ii―i|     |i―ii―i|     |
  ||_||_|| :      ||_||_||     ||_||_||     |
  ||―||―||   .    ||―||―||     ||―||―||     |
  ||_||_||       ,||_||_||     ||_||_||     |
  '―――'       '―――'     '―――'    . |
        :   ,                    :::|
    .                .              |
,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|       フジオ・プロダクション (赤塚の会社)
        :   ,                    :::|
_____      ____      ____     .:|
        ||  ,     |i―ii―i|     |i―ii―i|     |
        ||.       ||_||_||     ||_||_||     | \
        ||       :||―||―||     ||―||―||     |.  \   :   '
      O ||    '   ||_||_||     ||_||_||     |    \
  ===.   ||     '―――'      '―――'     | ,     \
        ||        ;;                    |        \     . :
____||_________________|       .   \
――――`i   '      .             :             \
 ̄ ̄ ̄ ̄~                                       \
             ,              '         ;            \
                                                   \
__________________________________ノ,
――――――――――――――――――――――――――――――――― '"

381 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/11(水) 02:57:45 ID:.L5xvMJQ


             ┌─────────────────────────┐

                信じがたいと思われる事を信じるというのは、いかにも
                困難なことである。古谷の辞表はまさにそれだった。

             └─────────────────────────┘



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . | U   (__人__)
     |     ` ⌒´ノ   おい……古谷が辞めるってどういう事だよ……。
   .  |  U      }
   .  ヽ        }
      ヽ     ノ        \
      /    く  \        \
      |     \   \         \
       |    |ヽ、二⌒)、          \
      赤塚やらない夫
      (赤塚不二夫)



                   ____
                /      \
               /  ─    ─\      
             /    (●) (●) \
             |  U   (__人__)    |    ………分からんお。…誰かに
             \     ` ⌒´   /     これの理由を聞くお………。
            ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
            :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                |  \/゙(__)\,|  i |
                >   ヽ. ハ  |   ||
                 長谷やる夫
                (赤塚のブレーン)




     巛彡彡ミミミミミ彡彡
    巛巛巛巛巛巛巛彡彡
    |:::::::           i
    |::::::::    ⌒   ⌒ |  
    |:::::    -・=- , (-・=-
    | (6 U  ⌒ ) ・ ・)( ^ヽ
    | |.     ┏━━┓ |  
    ∧ |   U  ┃ヽ三ノ ┃ |    …せやかて…誰に聞いても事実は一つしかないやろ……。
  /\\ヽ     ┗━┛ ノ
  /  \ \ヽ.  ─── /|\     ノ7_,,, 、
      (⌒、"⌒ソ⌒ヽ- イノ  `、  ( ィ⌒ -'"",う
      ~''(_)(_)(_)(_)ソ-ィ     ヽノ   ,イ^
    _ヽ /`、_, ィ/   ヽ      ヽ─/
  /,ィ'"/     /    `、     ) /
           /   i
        横山孝雄
      (フジオプロ社員)

続きを読む

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第13話 第14話

297 名無しのやる夫だお[sage] 2011/12/29(木) 06:28:37 ID:ZQF.9AFM

    この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色、構成したものです


  第13話


           / ̄ ̄\
         /      ノ ヽ
         |::::::     (● )
        . |:::::::::::   (__人)
          |::::::::::::::   ⌒ノ          ....,:::´, .
        .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
        .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
           ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
           /:::::::::::: く         ,ふ´..
   -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
           |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'
           赤塚やらない夫
           (赤塚不二夫)



                                        ____     
                                      /      \   
                                     /─    ─  \  
                                   / (●)  (●)    \
                                   |    (__人__)       |
                                   \  ⊂ !、∩     ∥
                                    |  | !、_ \ /  )
                                    |  |__\   ” /
                                    \ ___ \ /
                                     長谷やる夫
                                    (赤塚のブレーン)



         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            僕の「東海道戦争」描き下ろしの件が頓挫した事を、知ってか知らぬか
            赤塚は僕に蹴られた事には何一つ不満をこぼさず、何事もなかったかの
            ように振舞ってくれた。

            連載の打ち合わせも、以前とまったく変わらず行われていく。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

298 名無しのやる夫だお[sage] 2011/12/29(木) 06:30:01 ID:ZQF.9AFM


            / ̄ ̄\
          /   ヽ_  \
          |    (⌒ )(⌒)   セツコ、今度はアメリカへ
         . |     (__人__)
           |     ` ⌒´ノ   旅行に行こうぜ。
         .  |         }
         .  ヽ        }
            ヽ      ノ
         _,,,,ノ|、 ̄//// \、
     _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-           /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.l:.:、:.:|:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ
     /     /  |  /\  / /    / ヽ        //:.:.:.:./:.:./:/ |:.:.|:.、:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.l|:.:.:.:ト!
    ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}          |:|!:.:.:.:.:!:.:.|:/  !:.:|:.:l:.:.:._l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.||:.:.:ノ|
                                    |ハ:.:.:.:.:|:.:.|'| ̄ !:.:ト、\:.:.:.|l`ヽ|:.:.:|:.:/l:/ハ
                                    l! ヽ:.:.:.l:.:.l:|  ヽl  ヽ=≠-、:.l|:.:.:|//彡/:|\
                                    \:|:.:.|=-‐    トしrハ|:.:ノ|/! |´|:.:|:.:.:ヽ
                                       i`:.l     ,     ー‐' ,':.:.:.:トノ:!:.:l:.:|:.|:.l!|
                                       |:ノ:.\iヽ ー‐    /:.:.:.:/:|:.:.:.|:.:|:.:lソレ'    は~い♪
                                     //:.:.:.l「| ト、__,.. ィ/:.:.:.:斗-!:.:.:|:.:.:.:.ヽ
                                     /:.:/:.:.:./l/ ノ,へ ! /:.:./   \l:.:.:.:.:.:.',
                                   /:.:.:/:.:.:./|/ 'ー-ri /:.:.:.:/  ,    |ヽ:.:.:.:.:.:',
                                 /:.:.:.:.ノ!:.:./ !  二j´ /:.:.:.:/ /       l:.:.\:.:.:.:.',
                                /:.:.:.:.:.:/ ∨ノ/  ,rノー|:.:/ノ´_,,. -‐  /!:.:.:.:.:ヽ:.:.:l
                                !:.:.:.:/_, -‐' .〉 ,ィ´ ̄l:/ '´       /:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:|





         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            それに赤塚の関心は、もっぱら田村セツコにあった。
            彼は結婚していたが、既に夫人とは別居していたため、田村とはほぼ毎日
            遊び歩き、田村の家と会社を往復する日々が続いていた。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

続きを読む

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第10話 第11話 第12話

196 クリスマスに短編祭りだお![age] 2011/12/12(月) 03:05:03 ID:Why95IN2


    この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色、構成したものです


  第10話


   冬の驚くほど静かなある日。運良く仕事が予定より早く終わった僕は、かつて勤めていた
   スタジオ・ゼロに向かっていた。

                          ____
                      /     \
                    /  ⌒  ⌒ \
                   /   (●) (●) \
                   |     (__人__)   |  ゼロのことは、結構気になってたんだお
                   \_    `⌒´  _/
                  /          ヽ(っ )
                 / /|        | / /
                ( と)  |  ___/⌒)|ヽ__ノ
                     ヽ/ __(_/ |
                      ヽ_/   |
            ///        /  /
                       く  /
       ヽ ノ             (_/
                     長谷やる夫

続きを読む

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第7話 第8話 第9話

116 yournet.ne.jpで規制だお[age] 2011/11/27(日) 08:32:36 ID:65v5aJQY

  この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色、構成したものです


 第7話
 
  赤塚の「ナマちゃん」連載が始まって5年後…。
    その日、僕はいつものようにトキワ荘の近くの
     エデンという喫茶店に向かっていた。

                    ,..─- 、
             ─ニ三 /     \
                 /______', 
            ─ニ三  /  ― -\
           ─ニ三. /   (●) (●)
               /      (__人__)\
         ─ニ三  |        ` ⌒´  |            スパパン
             .  \           /
         ─ニ三    /::::::::    入l    |L             スパパン
                 |    、__`ーッ_,、||
         ─ニ三    |   ::::::::::ノ  ゙̄三:゚=ロ》/|}            プルルルルルン
               r。_{   ::::::::::ー-.rェ o`i.ヘ(\|}
           ロ>=ーEニュy∥`ー-..、:::ヽ丿_∥ヘト、 _
           /Lレ_r≦ニ//|/   .il´::ノ言=。∥ ,rヘ´i〕ト`ゝ
            /∠V⌒7/ヘ.ヽ_,/、/-単l-,)) ∥/>ィヘ||∠:ヘ
             {イ{=〔Cニ_≧≦..<__ュ___ノツ/ ||::(=‐{Eメ})=)::}
             Vト⊂(___)===―´   Vヘ∠|||ベノイ/
             `<ニ> '            丶<ニニ>'
                   長谷やる夫

117 yournet.ne.jpで規制だお[sage] 2011/11/27(日) 08:33:52 ID:65v5aJQY
         ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\        よぉ、やらない夫。
     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       待たせたなお。
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /




                         / ̄ ̄\
                       /  ヽ_  .\
                      ( ⌒)( ⌒)  |  いやー
                      (__人__)      |   待ったぜこの野郎、ハハハ
                      l` ⌒´    |
                      {         |
                      {       /
                      ヽ     ノ
                  ▼/ ̄      ̄ ̄)____
                〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
            ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i
                    赤塚やらない夫
                    (赤塚不二夫)

続きを読む

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第4話 第5話 第6話

44 yournet.ne.jpで規制だお[sage] 2011/11/18(金) 03:10:36 ID:jH4fS89Q
第4話




  ┌──────────────────────────────────────┐
  │  僕の本は予定より遅れ、描き終わったのは1月までかかり       .            │
  │  2月に発売された。                                 .         │
  │  社長には、一作目からこれじゃ困ると叱られてしまう。      .             .  │
  └──────────────────────────────────────┘

45 yournet.ne.jpで規制だお[sage] 2011/11/18(金) 03:11:55 ID:jH4fS89Q
   | X\                                  〃 ,;;;;,,, ~(,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |┛X. \                               ( ,,;;;,,, ,,,;;;,, ゞ,,;;;;;;;;; ,,;;;;;;;;,,,  ,,.;;;;;;;;;;);;;;;;;;;; ,,;;;;;;;,,,,,,;;;;
,, _| .XXXX \                               ,,' ミ";;;;;,,,,,;;;;,,, "( ;;;;;;;;;  ,,,,:;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;; ,,,,,;;;;;; (,,,;;;;;;;;;
  l  | XXXXXX.\                        〃;; ((;;;;;;;;;;;,,, ,,;;,,, "( ;;;.....;;;;;;;;   ;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;
=[:l  | XXXXXXXX[] 、                       (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;;;;,,, ゙ゞ;;  ;;,,,;;;;;;;;   ;;,,;;;;;;;;,;;x(;;;;; ;;;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|X\                     ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;, 乂 ::;;;;,,, ,,,,;;;;;;;;;;;)::;;llir( ,,;リ;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|XXx\                       (;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;;,,,, ヾ ,;;;;;,,,,メ;;l;;;ノlli;;;;l;;;/;/ :;;''
  l  | XXXXXXXX|l|XXx                          ゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(;;;;;,,,,,,,,ッ"ヾヽ、_l|i::;il;;レ';/'"~
  l  | XXXXXXXX|l|X   ___                      ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~    ゙ヾッ;;lli;(;;ッ'
  l  | XXXXXXXX|l|  /  ./.|                       |;;,ii!    l;;;l;ii;/        |;;li|l;;;|
  l  | XXXXXXXX|l|. | ̄ ̄|._, |                       |;;li|   |;;|i;;;|         |;;;i|;;i;;i
=[:l  | XXXXXXXX|l|. |    |イ.|                       l;;il;|   |;;;ii;;|         |;;lli;;l())
  l_|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! |    |  |                            l;;iil|   |;;;|i;;|         |;i;;il;;;|
   |              |    |  |                            |;;:iil    |;;li;;;|         |;;il;;ll;:!
   |.           |__|/                        l;;lil|    l;;;il;;l         l;;ii|;;l;l
   |.             │ |;.                          |;;;lil    |;;;i|ll|          |;;iill;;ll
   |                レ゛                    、r‐、::;;,,,,、ー l;;li;|ーァ、.l;;;iil;;!           l;lil;;;ll;l
   |              /                     \r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll.|;;lil;;:l,        |i;;il;;;;i|
______.|           ./                           .\γ'ヽ、,`ll\~~ll|;;;lli;;|~,ll\,      l;;l|;;il;;|
l l l l |       /                             .\γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll     |;;lli;;;lil
l l l l |       /                                \γ'''ヽ||, ;;||;;; ||;; ;||,;; ||      |;;;|ii;l;;l
l l l l |     ./.                                      \γ⌒ヽ、 ,,   ;;;ll\~ll~~ll~|;;;li;;;;;;|~ll\
   |   /                                         \γ'⌒'ヽ、 ; ゙|| ll\,,゙||,,l;;;ll;;l;ll|,,|| .ll\
   |,/                                       .\γ´⌒`ヽ、 ,||  ll~~ll~~ll~~ll~~ll~~l
   |

46 yournet.ne.jpで規制だお[sage] 2011/11/18(金) 03:13:33 ID:jH4fS89Q


  ┌───────────────────────────────────────┐
  │  ここまで遅れたのは、僕が製薬会社の社員と漫画家業を両立しているためだ。        │
  │                                                          │
  │  製薬会社での仕事は、会社の雰囲気、仕事上の会話、仕事で生じる問題の       .  │
  │  描写など、のちの漫画家人生で大変役立つ経験になるのだが、この時の僕は        │
  │  そんなことも考えず、仕事には何の価値もないという幼稚な考えに支配されていた。     │
  └───────────────────────────────────────┘





                ____   
              / \  /\ キリッ
       .     / (ー)  (ー)\      
           /   ⌒(__人__)⌒ \    <会社の仕事は嫌々やってるだけだお。
           |      |r┬-|    |      こんな仕事に何の価値もない。
            \     `ー'´   /
           ノ            \
         /´               ヽ
        |    l              \
        ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
         ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
               長谷やる夫

47 yournet.ne.jpで規制だお[sage] 2011/11/18(金) 03:14:46 ID:jH4fS89Q

      そして春が来て、高校を卒業した石森がトキワ荘に上京してきた。

     ________________________
   /                                 , イ
     ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |
     |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |
     | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   | ト .|
     |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   | キ .|
     |   |  |    |  |    |  |    |  |   | ワ .|
   |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||#| 荘 |
    \|                                   |   |
     |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |
     | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   |   |
     |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   |   |
     |   |  |    |  |    |  |    |  |   |  /
     |   |  |    |  |    |  |    |  |   |/





            / ̄ ̄ ̄ ̄\   
           (  人____)      
            |ミ/  ー◎-◎-)   
           (6     (_ _) )     どぅ…どうも……
          _| ∴ ノ  3 ノ       石森章太郎といいます。
         (__/\_____ノ
         / (   ||      ヽ       よろしく………
        []__| |       ヽ  
        |[] |__|______)  
         \_(__)三三三[□]三)   
          /(_)\:::::::::::::::::::::::|     
         | 漫画 |::::::::/:::::::/     
         (_____):::::/::::::/      
             (___[]_[]

続きを読む

やる夫と赤塚不二夫のマンガ道 第一話 第二話 第3話

yournet.ne.jpで規制だお 2011/11/14(月) 07:10:30 ID:Md/WRI9A
この物語は「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫)を元に脚色したものです

第一話
       (  ,   ,  ノ
       ( )( )( )
       (ノ (ノ (ノ 
        || || ||
       /|/|/|
       | ロ ロ ロ|
     ‾‾‾‾‾‾‾

              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \
           /   (●)  (●)  \
           |     (__人__)      |    えーと、ここの工場の裏にあったんだお。
           \   mj |⌒´     /     ごめんくださーいお
              〈__ノ
             ノ   ノ
             長谷やる夫



   / ̄ ̄\
 /   ⌒  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    やあ、いらっしゃい
  |     ` ⌒´ノ    今同居の3人は出てるから、この六畳間は俺一人で
.  |         }     占領できてるんだ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
  赤塚不二夫

yournet.ne.jpで規制だお[sage] 2011/11/14(月) 07:12:03 ID:Md/WRI9A
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´   それにしても、ここは臭いですねぇ
/      ∩ ノ)━・'/   野菜の腐った匂いがするし
(  \ / _ノ´.|  |    赤塚さんの着てるシャツも穴があいてるお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |     工場勤めだから作業中に穴が開いちゃうんだ
  |   ` ⌒´  ノ     硫酸銅の結晶を作っていて
.  |         }     液がはねるとシャツが焼けちゃうからな
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

yournet.ne.jpで規制だお[sage] 2011/11/14(月) 07:13:25 ID:Md/WRI9A

            / ̄ ̄ \
          /   ⌒ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |   (___人__)      それより、ちょうど今描き切ったこれを見てよ
            |.     ` ⌒´ノ      これを「墨汁一滴」に載せて手塚先生の所を
           |        |      訪問しようと思うんだが…
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧

続きを読む

copyright © 2017 やる夫スペシャル all rights reserved.

   Benri-navi by myhurt Template by FC2ブログのテンプレート工房 ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。