ヘッドライン

人気ページ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] TB(-) | CM(-) | スポンサー広告

やる夫たちはささやかな自由を求めて戦うようです 第1回

◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:11:00 ID:IxlwwWXY
プラハの春 ~やる夫たちはささやかな自由を求めて戦うようです~


はじめまして。
本作は、春江一也氏の小説「プラハの春」を原作とした物語です。
基本的には原作・史実に沿いますが、作者の創作も混ぜつつ書いていこうと思います。

やる夫スレは初めてですが、どうぞ生暖かく見守ってください。


◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:12:42 ID:IxlwwWXY

┌────────────────────────────────────────┐
│1956年のソ連共産党第20回大会におけるフルシチョフのスターリン批判演説は、         ..│
│                                                           .│
│ソ連をモデルとした社会主義建設を進めていた東欧諸国の指導層に大きな衝撃を与えた。    │
└────────────────────────────────────────┘

,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃
     Νk                             K               7
       !垈                            }代             ノ
     .為llll}                      為lll心
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   7        Ⅵ7:Ⅳ                  為圭圭圭丞
圭i:洲{                         以Ⅳ                    ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈                 [       Ⅵ7                    ,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                    /k        7   .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。

◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:13:48 ID:IxlwwWXY


┌──────────────────────────────────┐
│スターリン批判に起因する脱スターリン化の動きは、東欧各国に広がった。    .│
└──────────────────────────────────┘











┌──────────────────────────────────┐
│ポーランドやハンガリーにおいて共産党体制が危機に陥り、            .....│
│                                                  │
│とりわけハンガリーでは事態収拾のためにソ連軍が介入する結果を招いた。   .│
│                                                  │
│いわゆるハンガリー動乱(1956年)である。                        .│
└──────────────────────────────────┘

◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:14:28 ID:IxlwwWXY

,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft     ┌──────────────────────────────┐
     Νk    │ 改革の波は、ボヘミアの小国、チェコスロヴァキアにも押し寄せた。  ..│
       !垈   └──────────────────────────────┘
     .為llll}                      為lll心
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   7        Ⅵ7:Ⅳ                  為圭圭圭丞
圭i:洲{                         以Ⅳ                    ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈                 [       Ⅵ7                    ,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                    /k        7   .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。

◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:15:08 ID:IxlwwWXY





┌─────────────────────────────────────────────────────┐
│チェコスロヴァキアにおける脱スターリン化は、党と国家の最高職を独占していたノヴォトニーに対する批判へと収斂する。   ...│
│                                                                            ....│
│ノヴォトニーは高まる批判を徹底的な弾圧で抑え込もうとしたが、おりからの経済政策の失敗も重なって、ついに失脚。       │
└─────────────────────────────────────────────────────┘









┌────────────────────────────────────────┐
│後任として、ドゥプチェクがチェコスロヴァキア共産党第一書記に就任する(1968年)。        .│
│                                                           .│
│一般に「プラハの春」の名で知られるチェコスロヴァキアの改革運動が、彼のもとで始まった。 .....│
└────────────────────────────────────────┘

◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:15:54 ID:IxlwwWXY







┌─────────────────────────────────────────────┐
│     時代は東西冷戦の真っただ中、ささやかな自由を求めて戦った人々の、悲しみの物語である。  ......│
└─────────────────────────────────────────────┘

◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:16:34 ID:IxlwwWXY





1968年2月
チェコスロヴァキア



/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  / / ,:'/,: ' / ' /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / ' /     / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
/' / / ,:'/,: ' / .'  / 'ニ二ニ、ニニ =、/' /     / ,:'/,:     ' / ' / /   ,:'/,
 :'/  /' / / ,:'/  .l|__j|___|;|___|[__)|/,  :'/  /' /    / ,:'   /,: ' / ' /  / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/ , '-- 、 - ‐ '';;',:.:l.:l:;::l_       ;´;; ;⌒) ´゙) ;)'/,: ' / '   / / ,:'
,:'/,   :'/   /' / , 〇;|li{{{iIl|:○r::,.=、、::l,´,:‐、l    (,,;;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;/ / ,:'/,: ' / '
/' / / ,:'/,: ' !..:.::;i====i:___;.:,jii´i:l_,j_;ji´!」;; ..;;;;(´⌒;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;)/ ' / /   ,:'/,
 :'/   /' / / ,.===========l ,j.,.,., lil ,j(;;(⌒;;(´⌒(´ ;;⌒) (::⌒;;;,,,) ;::⌒)   / '   / / ,:'
/,: ' /  / /  ,:`~´::::::::::::::::::::::`~´:::::::`~´ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'

◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:17:16 ID:IxlwwWXY





            ____
            /     \
  i´ ̄`\  /         ゝ_\
  ヽ     \         ( ●)\
   ヽ     〕           (__ノ)
    \   /           /     /7
    /   \ (⌒`    ̄ヽ´ ̄´〆⌒∨//´ ̄  ̄ ̄
    ヽ    ヽヽ   ヽ   ヽ__、ィヾイソ)
     ヽ     ヽヽ   ヽ   ヽ   〉7∨
     ヽ      `ヽ    !、___ヽ_  `'  〔
      ヽ        ヽ _ ___    ̄〉⌒) \__
      ヽ        ヽ     ̄ヘ`ゞヘ'>  `i
       ヽ         ヽ     ヽ,,,、| |,,,,,、/





∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 ニューソクデ・やる夫  チェコスロヴァキア日本大使館二等書記官  27歳
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:18:19 ID:IxlwwWXY



┌───────────────────────────────────────────┐
│私にとって、チェコスロヴァキアは初めての在外勤務だった。                         ....│
│                                                              ..│
│外交官という責任の重さをかみしめながらも、夢多い若者には違いなく、好奇心のかたまりだった。    .│
└───────────────────────────────────────────┘










┌─────────────────────────────────────┐
│初めて経験する共産党支配下の社会で、なにかと自由を制約される日々だったが、  .....│
│                                                     ...│
│ノイローゼになることもなく、美しいプラハの暮らしを楽しんでいた。               │
└─────────────────────────────────────┘

10  ◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:19:27 ID:IxlwwWXY



┌────────────────────────┐
│この日の私は、ウィーンで休暇を過ごした帰りだった。   │
└────────────────────────┘


            ____
            /     \
  i´ ̄`\  /         ゝ_\
  ヽ     \         ( ●)\      ま、ゆっくり行きましょう
   ヽ     〕           (__ノ)
    \   /           /     /7
    /   \ (⌒`    ̄ヽ´ ̄´〆⌒∨//´ ̄  ̄ ̄
    ヽ    ヽヽ   ヽ   ヽ__、ィヾイソ)
     ヽ     ヽヽ   ヽ   ヽ   〉7∨
     ヽ      `ヽ    !、___ヽ_  `'  〔
      ヽ        ヽ _ ___    ̄〉⌒) \__
      ヽ        ヽ     ̄ヘ`ゞヘ'>  `i
       ヽ         ヽ     ヽ,,,、| |,,,,,、/


┌───────────────────────────┐
│プラハまで約350キロ。この雨の中、6時間はかかるだろう。  ......│
└───────────────────────────┘

11  ◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:20:17 ID:IxlwwWXY




┌──────────────────────────────────┐
│しばらく走ると、この先、パーキングエリアがある。                    │
│パーキングエリアといっても、砂利が敷いてあるだけの仮設駐車場だが・・・。   │
└──────────────────────────────────┘










┌─────────────────┐
│私はそこで、一休みすることにした。    │
└─────────────────┘

12  ◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:21:32 ID:IxlwwWXY




┌───────────────────┐
│パーキングエリアに入り、車を止めた。    .│
└───────────────────┘

                     コンコン
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::
      ヽ::::::::::/   ___          ヽ:::::ヽ
       !::::::::!  / ー  ー ヽ           ヽ:::::ヽ
         r"⌒!/ (●) (● )          ヽ:::::ヽ
        _!__ノ|   (__人__)  !          ヽ:::::ヽ
        !""""!ヽ、_`⌒´_ノ            ヽ:;;;;ヽ_
        !    ! ,r⌒ヽ ヽ! ))、_______/   ̄''ー
        !    ! !   l   // ! !      _    | ̄'''-,,, _.:
        i    | l   l  // | i  〔口〕 ))    ヽ._
        i   i l   l─‐rっ/ ! 二二二二二}  |.:.: ̄'''''ー
         :i   i ヽ──┴と{ノ__         :|.:.:.:.:.:.:.:
          i   i  |// ──── 、ヽ        :|.:.:.:.:.:.:.:
        i   i_//、       ヽ ヽ.        |.:.:.:.:.:
        ヽ、_)// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  ヽ ヽ     |.:.:.:.:
      .:.:.:.::.:ヽ />'______}\__ヽ_ヽ. __ノ.:.:
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽニつつ.:.:.:.:


┌──────────────────────────────┐
│と、まるで私を待っていたかのように、私の車の窓を叩く者がいた。  .....│
└──────────────────────────────┘

13  ◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:24:14 ID:IxlwwWXY





┌───────────────────────────┐
│窓を開けると、傘もささずに一人の女性が立っていた。      ...│
└───────────────────────────┘

               , 、 -――――- 、_
            , ィ'´            `ー-、
          ,ィ'´    _____      \
         /   ,、-‐'´        `ー-、    ヽ
       /   /  _,、-――――- 、,__  \   ヽ
      /    /, -‐'´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、 ヽ    ヽ
    /    //: : : :/: : :./: :: : : : : : : :/: : : : : :\ヽ   \
   /    /: : : : : /: : : /: :/: :: : : /: /: : : : : : : : :.ヽ.    >  あの・・・すみません
   \    ,':l: : : : :/: : : :.l: :.l: : : : :/: / ∨: : : : : : : : :l   /
.    \  l: l: : : : : : : : : l: /: : : :/:.:./  ∨: :ヽ: : : : : l,.ィ'´
      l\l: l: : : : /: : /l/l: : //:./-―‐弋: l:ヽ: : : :l: l
     /!: :.l: l: : : /:イモ:ハ !/ //_,イモ:ハ、ヽl: : ヽ: :.l: :',
    /: : : :.l: l: l:./ノ弋:::::ソl /  ´ 辷:::ソ."ヽ: : : ヽ:l: ∧
.   /: l: : : :ll:.l: l/: ヘ  ̄         ̄   l: : :/: : :l: : ∧
   /: : l: : : :.lヘ!、!: :ヽ\     '        /:/: : : :ll: : : ∧
.  l: : : l: : : :ヘ ` ヽ: : :\     - -      / : : : : :/ l.: : : :∧
.   l: :.: :l: : : : :ヘ   l: : : : > 、,_    ,. .<: : : : : / /: : : : : :.',
  l: : : :l: : : : : :.l  .l: : : : l´、!.   `´   l,ィl: : : : :/  /: : : : : : : :l
.  ノ: : : : :lヽ_/ヽl  .l-‐'´   `ー、_,.ィ.'´  `ー-/  ./_r、,、__: : l
 /: : : : l´ゝ く´l  .l    ,ィ==仝==ミ、  /  .l. (  ゝ‐、ヽ:',
./: : : : /:::〈  l´ l   .l   〃 〃||||ミ、 ヾ、 l    l  〉_ <'´:::::l:ヽ


┌────────────────────────┐
│英語だった。だがその発音は、英米人ではなかった。   │
│                                    │
│端正な顔立ちの白人女性。                 ...│
│                                    │
│何か切迫しているような雰囲気に、少しためらった。    .│
└────────────────────────┘

14  ◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:25:04 ID:IxlwwWXY



                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛    ・・・私の車・・・エンジンがかからないんです。
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   -/―--<.  / イ / /       |  いろいろ試しましたが、だめなんです。
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//   どうか、助けてくださいませんか?
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽ丨__   |   |{{     ヾ!
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__
'       / / _仁\〔__ |  ヽ / 乃ヘ \\弋!ィ  ̄ ̄  ____ヽ
      /|    ヽーミ `ヽ〔_ ヾ  ∨ | | )ハ ヽ/      /      \
     / |    / ̄> 、 `ー- ⊥ | |(   / /⌒ヽ /         \

15  ◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:26:42 ID:IxlwwWXY





                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \     なんとかしてあげたいのですが・・・
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |   私はプラハに帰る途中で、何も持っていないんです
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )     なにか、修理器具はお持ちですかお?
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

16  ◆iQd0TAvhck 2012/01/18(水) 17:28:03 ID:IxlwwWXY




               ____
          ,、-‐'´,、-―――‐`-'ヽ、
          // ̄ ※   ※   ※\
         //      _,、-――――-、___ヘ
      / /  .※ /: : : : : : : : : : : : : : : : \
.     / ./     /: : /: : : :/: : :/: : : : : : :l: :.:ヽ      プラハ・・・あなたもプラハまで行くんですね?
.   /  /   /: : : :/: : : :/: : :/: : : : /: :./: : :∧、
.  /   ,' ※ l: :.:l:.:.l: : : :/: : :/: :/: :/: : /!:l: : l: :l \    ご迷惑でなければ、プラハまで同乗させてくれませんか?
.  \   l    l: : :l: :.l:ム斗孑/:/:/: 、/ l:.l: : l:.:.l  ノ
    \_.l    l: : :l: :l/://///: :/`'十: :.l: :l-'´
     /:.l ※ l: : :l: :lイセ'示 '′// イ示'!l!:..:l: ,'
     /: :l    l: :ヽ:ヽ!弋: ソ /   辷::リ l: : l:/      会ったばかりで厚かましい限りですが、どうかお願いします・・・
.   /: : :l    l: : :ヽ:l`  ̄       ̄ /!:.:/
   /: : : :l ※ l:\!\!         '     / l:/
.  /: : : : :l     l: : :`i\     - ‐   / /l
 /,、-‐-、.l     l_/l. .> 、     , .<l .※. l
./:::::::::::ゝl ※ l   \    ノ><、:/,、-‐-、.l
:::::::::::::::::`j.l    l    ,ィ≧≦ミ、 ゝ ノ:::::::::::::ヘ!
::::::::::::::::i´ l    l  〃 .》《. ヾ、 i´ `j:::::::::::::∧
:::::::::::::::::ゝl ※ l  《 〃ij!ヾ、 》 `i ゝ,::::::::::::::::〉
:::::::::::::::::::::l    l   ゞ" .ij ヾ ゞ"  ノ (__:::::::::::/
::::::::::::::::::::,'   ,'     ij  ij     〉  ノ:::::::/

17  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:29:22 ID:IxlwwWXY





       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\       ああ、私はまったく構いませんお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |     長い道中、話し相手ができてむしろ嬉しいです
  \      `ー'´     /


┌─────────────────────────────┐
│相手が美人だったから・・・というのも少しはあったかもしれない。  .....│
│                                           .│
│私は彼女の申し出を二つ返事で了解した。                .│
└─────────────────────────────┘

18  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:29:58 ID:IxlwwWXY





┌─────────────────────────────┐
│彼女はよほど嬉しかったのか、胸に手を当てて明るく微笑んだ。  ......│
│                                           .│
│素直なとてもいい笑顔だった。                         │
└─────────────────────────────┘

                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
             /{ノ         ) ヽ、ぃ
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、     ありがとう、本当にありがとう・・・
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ     プラハに着いたら、必ずこのお礼はしますわ
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ
   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ
  / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ


┌────────────────┐
│彼女は、カテリーナと名乗った。   ....│
└────────────────┘

19  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:31:10 ID:IxlwwWXY




┌───────────────────────────────────┐
│プラハまでの車中、話が私の職業に及ぶと、彼女は当惑したように聞き返した。   │
└───────────────────────────────────┘


/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  / / ,:'/,: ' / ' /
 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: '     / ' /     / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
/' / / ,:'/,: ' / .'  / 'ニ二ニ、ニニ =、/' /     / ,:'/,:     ' / ' / /   ,:'/,
 :'/  /' / / ,:'/  .l|__j|___|;|___|[__)|/,  :'/  /' /    / ,:'   /,: ' / ' /  / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/ , '-- 、 - ‐ '';;',:.:l.:l:;::l_       ;´;; ;⌒) ´゙) ;)'/,: ' / '   / / ,:'
,:'/,   :'/   /' / , 〇;|li{{{iIl|:○r::,.=、、::l,´,:‐、l    (,,;;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;/ / ,:'/,: ' / '
/' / / ,:'/,: ' !..:.::;i====i:___;.:,jii´i:l_,j_;ji´!」;; ..;;;;(´⌒;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;)/ ' / /   ,:'/,
 :'/   /' / / ,.===========l ,j.,.,., lil ,j(;;(⌒;;(´⌒(´ ;;⌒) (::⌒;;;,,,) ;::⌒)   / '   / / ,:'
/,: ' /  / /  ,:`~´::::::::::::::::::::::`~´:::::::`~´ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'

「外交官? ミスター・ニューソクデは外交官なのですか?」

「ええ、といってもまだ駆け出しの身ですが・・・」

20 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/18(水) 17:32:06 ID:tNEyZVds
登場人物の口調に少し違和感が・・・
まあ期待

21  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:33:01 ID:IxlwwWXY



┌─────────────────────────┐
│カテリーナはしばしの沈黙ののち、小さくつぶやいた。   ....│
│                                   .....│
│彼女の口からでてきたのは、ドイツ語だった。         │
└─────────────────────────┘


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::fゝ\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾrtフ ヽ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/!| ::::::::::::::|rY7  1
::::::::::/::::::::::::::::::::/::::::::::/:::!| ::::::::::::::|フメ7  |
:::::::/::::::::::::::::::::/:::::::::::/:::::!| ::::::::::::::|フメ|}  |
::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::/::::::, ::::::::::::::::リフメ7 │
イ::::::::/::/::::::::::.イ::::/i::::;イ:::::/:::::::: {!メフ7. │
/::::::;/::/:::/:::://::/ナ:::/-|::/:::/::::::{!ルヌ   |      私は、DDR人です・・・
:::::::/::/:::/::::/__j/_-j:/__ j/::/::::::イjメリ} i │
::::/,.イ//::::/´イ弋:_j/´フイ::/:::::/::lイハ/`ヽ!
// イ/   ゝ -  ' /:/:::::/::/fフ: |
            イ/::;.イ::/ヤヌ::::|
             l l i j/ト/:/7イl ::: |
   ′         /rf'レ::/ア ::|::::::|
 ― ─     u  イft</イ7 :::: |::::::|
         イ!jrノtメイ::::::::::::|::::::|
      イ ::::::{!イtノr/7::::::::::::|::::::|
`  - ´  /`ヽ:::{7メハri}::::::::::::::|::::::|
     _.L  V7メハrt}::::::::::::::|::::::|
-_r==、¨     f/メハrtj} :::::::::::::|::::::|
イハ\ \   flメハrtrt:ト、 :::::::::|::::::|
/{ |\\ |!  fiメハrtrtl|フ \r-v : |
. f ||__j\ノ  fiメハrttf:i|7   { r'-、:|
| } || ノ、    f7tハrttf:i|7   { } : : \
|__フ! ノ    fiメハfrttfi|7   } {r : : V:ヽ.
| f || 〉     f7rメハftrtl}   { } : : : :ヽ : \

22  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:34:01 ID:IxlwwWXY



┌───────────────────────────────────────┐
│DDR、つまり東ドイツ人である。                                      │
│                                                         .│
│2年前からプラハに滞在し、プラハのカレル大学でドイツ語の講師をしているのだという。     │
└───────────────────────────────────────┘

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \  ・・・!!
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |

23  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:35:59 ID:IxlwwWXY

┌───────────────────────────────────────────────┐
│社会主義国の市民が西側・資本主義国の人間と接触することに、さまざまな制限があることは聞いていた。    │
│                                                                   .....│
│それに社会主義国では、西側の外交官はスパイであるという宣伝・教育が熱心に行われていた。         ....│
└───────────────────────────────────────────────┘

,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│カテリーナの立場からすれば、偶然であれ、DDRに非友好的な外交政策をとる国の外交官と接触したことになる。    .│
│                                                                       .│
│スパイの嫌疑でもかけられようものなら、どんなことになるか。カテリーナの動揺は至極当然であった。         ....│
└─────────────────────────────────────────────────┘

24  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:37:47 ID:IxlwwWXY



┌────────────────┐
│車中を重苦しい空気が包む。      │
│                       .│
│私は、つとめて明るく振る舞った。    │
└────────────────┘

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\     や、やる夫は東ドイツの女性と話すのは初めてだお!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |    それどころか女性と話すことすら久しいお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    それもこんなとびきりの美人さんと・・・ナンチャッテ
      / rー'ゝ _=≡≡=_ 〆ヽ
    /,ノヾ ,>´ \_/`ヾ_ノ,|
    | ヽ〆.   |  |   |´ |

25  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:38:12 ID:IxlwwWXY




チラッ
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (●)  (●)\     ・・・・・
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ _=≡≡=_ 〆ヽ
    /,ノヾ ,>´ \_/`ヾ_ノ,|
    | ヽ〆.   |  |   |´ |

26  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:39:37 ID:IxlwwWXY




    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
  /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧      ・・・私も、日本人の外交官とお話しするのは初めてです
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l     あなたはとても良い人ですね・・・
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l クスッ
    |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
. /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l
/   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
.    }トヘ` .|    〈 | |>|K    .}i   }ハ::::::::  i    l


┌────────────────┐
│カテリーナの瞳に笑顔が戻った。  .....│
└────────────────┘

27  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:40:29 ID:IxlwwWXY



┌───────────────────────────────┐
│カテリーナのアパートに着いたのは、夕刻6時半を回る頃だった。      │
│                                            ....│
│いつまでも続いてほしいと思ったドライブが、いよいよ終わったのだ。     │
└───────────────────────────────┘


           , -―- 、
        ,.ィ ´  __  `ヽ、
.       /  ,.ィ ´    `ー-、 `ヽ、
.     く  / ※     ※ `ヽ/
      `/    _, -―‐-、_    l
      /:l, -‐:'´: : : : : : : : : `ー、l',
      /: :l: :l:: : : : : : : : l: : : : : : l: ',
      /: : :l: l: l: : : : : /:/!: : :l:l: :/:.∧
      /: :ハ`ヽ:.l: : : ;.ィ:/-弋: l: /`7:∧
.    /: : `iゝ! ヽ!'ヽ/_'_, ィ´/'´/ノ:l: :∧
   /: : : :l:::::l  l 《ノ   、》 / ./:::::::l: : ∧
   /: : : : l::::::l ※l ¨ij 〉〈 ij l  l:::::::::l: : :.∧
.  /: : : : :/:::::::!   ! .ij〈 ノ ij l※l::::::::::!: : : ∧
 /: : : : :/::::::::::l   l .ij.ノ 〉 ii !  !:::::::∧: : :.:∧
./: : : : :〈:::::::::::::l   l^.><ー!  l:::::::::::∧: : : ∧
: : : : : : :ヽ::::::::::l ※l圭ヽ/圭!  l::::::::::::::::〉: : : ∧
: : : : : : :./`ー-、!  l圭圭圭/ /`、_:;:ィ: : : : :.:∧


┌───────────────────────┐
│カテリーナは、何度も頭を下げて私に礼を言った。    .│
└───────────────────────┘

28  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:44:07 ID:IxlwwWXY




┌──────────────────────────────┐
│カテリーナは中に入るように言ったが、私はその申し出を断った。    .│
│                                          ......│
│誰か監視しているかもしれないのだ。                      .│
└──────────────────────────────┘



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    /    (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



┌───────────────────────────────┐
│近づきになりたいのに、人目を恐れてもっともらしく振る舞う自分に、     .│
│                                            ....│
│かすかな自己嫌悪をおぼえた。                          │
└───────────────────────────────┘

29  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:44:53 ID:IxlwwWXY

.              ― - 、ヽ
      /´ _ _   ヽヽ
       // ̄: : : : : :`ヽ、 }
.     /: : : /: : : :/:∧: : :ヽ '. ヽ
    /' : : /: ://:/―ヽ: : :} }   ヽ      ありがとう・・・楽しかったです、ドライブ
    ヽ|: : :伝〃/ 斧灯}.: :} }/「`
.     !: 从Vj   ゞ-' /: / /: : :|       ご親切、一生忘れません
     ヽノヽ  ' _,  // /: : : :|
      {  >. 、_  イ  / : : : : :. 
      {  _}'/ヽ_/'  {\、: : :ヘ
      { /::x==介x {  {ン::ヽ: :.ヘ 
      //:::《zィ小  {  {:::::::::::〉: :ヘ
.     {/:::::/ 〃{|ヘノ}  ヽ:::::::|: : : ヘ
     /:::::::{ 〃{ l! _ノ:、  ヽ::::|: : : : ヘ
    ノ::::::::::} l! }{ l!{::::::::ヽ   \: : : : :ヘ
    ヽ:::::::::::L__八l! '.:::::::::::\   \: : :.ヘ
    /:ヽハ:::::::「|X 〉‐ゝ、:::::::ノヽ    ヽ: : ヘ
   .':/小\:|i{_/i/ {{{{ \:|=}: ヽ__/: : : : ヘ
   i《 /:|| ヾノ:,=/  {{ヾヽ_>ヾ\: : : : : : : :ヘ
.   '/::ハ  ∨/  `¨}}ヾ、:ヽ::ヽ::::\ : : : : : ∧
  /::::|::l! |!  V    ハ::::l!:::|:::::ヽ:::::::\: : : : :∧
. /::::: |:/)  .ノ    ハ|:::l!:::|:::::::ヘ:::::::::::ヽ: : : :.∧
. 〈:::::::/八彡个ヾー _ノ:::::l!ヽ::::|:::::::::ヘ:::::::::::::ヽ: : : ∧
/::ヽ::::\:{  /  ⌒7´l::::::::::::冫'::::::::::::〉:::::::::::::::ヽ: : :∧
:::::::::ヽ::::∧_.ヽ   _イ::::\:_/::::::::::::/::::::::::::::::::::::∨: :∧
:::::::::::::ヽ||:::::::::: ̄:::||::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::∨: :∧
:::::::::::::::::|| ::::::::::::::: ||::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨: ∧

30  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:45:32 ID:IxlwwWXY



: : : : : :|: : | : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : / \: : : : : : ヽ : : : : : : : : l: :| {
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : : : :/l: : : : : : イ ´ ̄\ ̄`: :l: : :| : : : : : :l: :| {
: : : : : :|: : |: : : : : : : : : : : : / /: : : :/: :/     \: : :|: : |: : : : : : :|: :| {  ./
: : : : : :|: : l, -:‐ ̄`: :、 :/ ./ : : :〃.:/   ____\|: : |: : : : : : :|: :| {/.|: :
:.|: : : : :l/l: : : : : : : /ヽ /: : ://:/ /_z≠テ==ミ |: : |: : : : : : :|: :| {: : :|: :     「アウフ・ビーダーゼーン」
: !: : : : :ヽ: l : : : :/___/_、-'´ //   彡て::ヘ\_ノ} !: :|: ,': : : : : |: :| {: : :.i :
: |: : : : : : `ヘ _,ィ≠テ=ミ   //     ヘっヽ::::::ソ/ |: /:/: : : : : :l :,'  { : : | :
: :',: : : : :ヽ: :ヘ"´{::ヘ\_ノl  /          ゝ─‐ "´ ,'/:/: : : : : :/:/  |: : : |:
: : :、: : : : : 、: ヘ ヽっ、:::ノj,             /////イ/: : : : : ://   {: : : i:
:ヽ: :ヽ: : : : :ヽ:ヘ  ゝ‐‐'´                / //: : : :/       {: : : |:
|: ヽ: :ヽ: : : : : ヽヘ//// 〈               / 〃 イ ´f _ヾ !! ノ_ !: : : |
ヽヘヽ: :ヽ: : : : : ヾ\                      / |:::::{  ノ li ヽ  {: : : :!
  \ \: \: : : : \        _ -'      /   l:::::i         |: : : :
      ̄{ ̄ ̄ ̄`丶、             /      l:::::{         { : : :
       f _ヾ!!ノ_ t::::::::>- _     /         |::::i _ヾ !! ノ_ | : : :
       |  ノ liヽ  {:::::::::::::::::::::|::::::::ア  ̄、          ゝ.{   ノ li ヽ {: : : :

31  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:46:06 ID:IxlwwWXY



                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /     あ、アウフ・ビーダーゼーン!
 /u  ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |


┌────────────────────────────┐
│「アウフ・ビーダーゼーン」、また会いましょうという意味だった。  ....│
└────────────────────────────┘

32  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:47:03 ID:IxlwwWXY



┌───────────────────────────┐
│バックミラーにうつるカテリーナの姿がどんどん小さくなる。     .│
│                                       .│
│私は小さく首を振り、高まる名残惜しさを消し去ろうとした。   ....│
└───────────────────────────┘




┌──────────────────────────┐
│このことは、忘れてしまうべきなのだ。              ....│
│西と東は交わってはいけない。ましてや、私は外交官だ。    │
└──────────────────────────┘




┌────────────────────────────┐
│その晩、自分のアパートにたどり着いたのは、9時過ぎだった。  ....│
│                                         .│
│私はシャワーも浴びずに、そのままベッドに入った・・・。        │
└────────────────────────────┘

33 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/18(水) 17:48:57 ID:tNEyZVds
やる夫と翠星石の絡み新鮮な感じだなあ
原作知らないからこの先ちょっと楽しみ

34  ◆iQd0TAvhck[sage] 2012/01/18(水) 17:50:10 ID:IxlwwWXY

今回はこれで以上です。

至らぬところばかりですが、また読んでいただけたら幸いです。
皆さまのご指摘も、お待ちしております。

これからよろしくお願いいたします。

35 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/18(水) 17:51:43 ID:tNEyZVds
おつ
私=やる夫の語り部いいね
うまく言えないけどこの雰囲気好きだな
関連記事

コメントの投稿

※誹謗中傷・スパムコメは削除対象となります












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://yaruospecial1.blog.fc2.com/tb.php/32-82a19f37


copyright © 2017 やる夫スペシャル all rights reserved.

   Benri-navi by myhurt Template by FC2ブログのテンプレート工房 ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。