ヘッドライン

人気ページ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] TB(-) | CM(-) | スポンサー広告

できる夫は殺人光線を開発するようです

◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:12:52 ID:pebQrTbg
 ・原作は横光利一の『微笑』です。

 ・50レス未満です。

 
 よろしくお願いします。


◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:13:21 ID:pebQrTbg







                できる夫は殺人光線を開発するようです






                      原作:横光利一『微笑』

◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:14:19 ID:pebQrTbg


┌────────────────────────────────┐
│ 「今度の週末は、新緑を見に甲斐に行こう」                    │
│ そんな会話が擦れ違う声の中から聞こえた。                  ..│
│                                              ..│
│ そうだ。もう新緑になっている。                           │
│ 季節を忘れるなんていうことは、ここしばらくの私には無かったことだ。    │
└────────────────────────────────┘



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>一ヽ _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ァ ´       ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノイ          ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}从      ムヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ         \::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>          ヽ:::::::::::::::::::::: ´  `  、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ            i::::::::::::::ー≠        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j         从:::::::::::::::/           }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           从::::::::::::::::}从ヘハ       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|            /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉      '.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「            '.::::::::::::::::::::::::::::::::::'      i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:15:10 ID:pebQrTbg


┌────────────────────────────────────┐
│ ある日知人の伊達がやってきてこんなことを言った。                    .│
│ 別に稀な出来事ではなかったが、このときに限っていつもと違う興味を覚えた。    │
└────────────────────────────────────┘



    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\        あなたに、色紙を書いてほしいという青年がいるんです。
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|
  .|   |   .:::|  .::::::|        彼も趣味で俳句をやっていて、
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|        俳人のあなたを大層尊敬しているんです。
   \   `ニニ´ ..::::::/        
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \            かまわんですよ。
 |    ( ●)(●)          ちなみに、どんな男なんです?
. |     (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }           その・・・栖方(せいほう)というのは。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:15:32 ID:pebQrTbg


    /\___/\
  /        ::\        21歳になる帝大生なんですが、
  |  ─   ─   |        なんでも異常な数学の天才だそうで・・・。
  | (●), 、 (●)、 |
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|        今は海軍に引き抜かれて、特殊兵器の開発をしているそうです。
  \   r‐=‐、  .:::/        なんでも、これさえ出来れば、勝利は絶対確実なんだとか。
  /`ー `ニニ´一''´ \



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●         特殊兵器?
   |      (__人__)        噂の原子爆弾というやつかな。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



    /\___/\
  / /    ヽ ::: \
  | (●), 、(●)、 |       私もよく知りませんが、それは大変なものだそうですよ。
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |       凄い光線らしいという話です。
  |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|  
  \  `ニニ´  .:::/       2、3日したら本人がお宅へ伺うといってましたから、その時にでも訊いてください。
  /`ー‐--‐‐―´´\

◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:16:10 ID:pebQrTbg


┌────────────────────────────────────────┐
│ 大東亜戦争は、時々刻々日本が不利になるばかりだった。                     ..│
│ 負けに傾いている戦局をぐっと跳ね返す見えない力があるとすれば、誰でも欲しかった。     .│
└────────────────────────────────────────┘


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)         それにしても、凄い青年が出てきたもんだ。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ         しかし、そんな青年が俺の色紙を欲しがるなんて、おかしいね。
     .l^l^ln        }          そんなモノじゃないだろうに。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



    /\___/\
  / ⌒   ⌒ ::\         けれども、何といっても、まだ子供ですよ。
  | (●), 、 (●)、 ::|         あなたの大フアンなんだと、無邪気に云っていましたよ。
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|
  |   ト‐=‐ァ'   .:::|
  \  `ニニ´  .::/
  /`ー‐--‐‐一''´\

◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:16:31 ID:pebQrTbg


┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐



                                            _,,,...:-‐‐=-..,,,_
                                         ,r'"::::  ...::: :...::: ::;,-'''' ''':‐-,, ,,         _,,-''""
         , ____                            ,r'"...::::.. ......:::::            " ''''‐- ,..,,,....-''"
        l"゙ヽ、~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~\      ,r'"...::::.. ......::::: " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
       ,/;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lゝ   ,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...              _,, - ''" ""'''"" `'' -,.
      .,,il"''~~`'/ゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞ;ゞゞゞ;ゞ''=,,,、             -‐"     '' -‐‐‐-,..,,.
    ,,r"ヾ;ヾ;ヾ:/ゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞ゙゚''=,、     ,,,,, :::::......::::::   ,,,,, :::::......::::::    ,,,,, :::::......::::::
   .,r"ヾ;ヾヾヾ;;/ゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞ:ゞゞゞゞ;ゞゞゞ;ゞ゚ヽ,
  ,r"ヾ;ヾ;ヾ;ヾ;;/ゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞゞ;ゞゞゞゞ;;ゞゞ;ゞゞゞ;;ゞゞゞ=,、           ,,,,,, - ''" ""'''  ,,,,, :::::......:::::: ,,,,,
 r";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゚''=、       ,,,,, :::::......:::::: ,,,,, :::::......::::::
..《%%%%%《i‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰i)
 ~゙'r゙~~~~~~~~~ l:;:::;;;:;:||  l  l  l|;:;:;:;; ;:;:;:;;:; ;:;.|:::::i        i;:; ;:;:;; .|
  :|;:;; ;:; :;:; ;: ;:; l;.:,;;::;;.||kr|  │  l|;:;:;:; :;:;: ;:;:; ;:;|\lii'''''''''''''''''''''''i\;; ;.::|
  / ̄ ̄ ̄ ̄~/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|iiョrrrrrrrrrrrrョ\ ̄ヽ,
  ~| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄━━━━━━┛| ̄
  |; :;: ;:;: ;:;;;; ;|;: ; ;:;; | ̄ ̄ ̄ ̄|;:;:;:;:;:;:;┌――――┐  i◎i;:;::(川(:; :;:|
  |; :;: ;:;: ;:;;;; ;| ;;:; :; ;|        |;:;:;;:;:;:;:│    │  i 目  ;:;;; ;; ;:;;:;:;; :;;:;|
i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄||.illlllllllll|llllllllll| ;:; ;:;:;;:;;;|| ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄||
i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄||,illllllllllllllllllllllli,,,,;;;;;;;;;;;;;;|| ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄||
i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄||,,            || ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄||
"""""""""""""""""""""""""""""""゙ヽ,            ~"""""""""""""""""""""
                         ヽ、            `~''-、,,_
                          ヽ.               `゜
                           ヽ

◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:17:05 ID:pebQrTbg


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \           御免ください。
    /   (●)  (●)  \         伊達さんの紹介で伺いました。
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /         栖方です。
     ノ           \



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |           どうぞ。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



┌─────────────────────────┐
│ ある日の午後、栖方がやって来た。             ...│
│ 想像していたのとは違い、少年の面影をもっていた。  ......│
└─────────────────────────┘

◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:17:30 ID:pebQrTbg


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)           ・・・俳句はいつから?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (●)  \       最近です。
 |      __´___     |       あなたの俳句を見つけて、ああこれだと思って。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \         もう僕を助けてくれるのは、俳句だけなんです。
 |      __´___     |         他のことは何をしても駄目なんです。
 \      `ー'´     /         なにか苦しめるばかりで。
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

10  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:18:01 ID:pebQrTbg


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)           お話を聞くと、毎日が大変そうだね。
  |     (__人__)
  |         ノ           どうだい? 特殊兵器のほうは。
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \



┌─────────────────────────────────────────┐
│ 栖方は黙ったまま答えず、かわりに笑った。ぱッと音立てて開く、花の咲くような笑顔だった。   .│
│ この少年が特殊兵器をつくっているなど、とても頷けないことだった。                 ..│
│ その笑顔を見ていると、栖方から特殊兵器のことを訊き出す気持ちはなくなった。          .│
└─────────────────────────────────────────┘

11  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:18:22 ID:pebQrTbg


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)          お郷里(くに)はどちらです?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   岐阜県です。 
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



   / ̄ ̄\
 /       \
 |    ⌒   ⌒
. |     (__人__)       おや、うちの家内も岐阜県ですよ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、

12  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:18:44 ID:pebQrTbg


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|           お茶どうぞ。
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」           あなた、お郷里が岐阜だそうね。
   l:::| `、!|   \ ヽ、 | イッ==ミ、.| |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,ッ==ミヽj     .,| |ァ1 |
    |  \ヽN {            | ト |_|  |
.   |  |   l \     ` ァ  ./!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、



        ___
    /     \
   /     ⌒  ´
 /      (⌒)  )
 |         ___'__ |
  \        `ー 'ノ
  /           \



┌──────────────────────────┐
│ 栖方は、お茶を煎れに来た妻と、たちまち親しくなった。  .....│
│ やがて方言まで云い出すほどだった。               │
└──────────────────────────┘

13  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:19:10 ID:pebQrTbg


┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐



          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \             ありがとうございます。
    /   (●)  (●)  \
     |      __´___     |           色紙、大事にしますね。
    \      `ー'´    /
     ノ           \



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |          今度、兵器工場に来てください。
    \       `ー'´   /          案内しますから。
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_        俳句の先生が来たといえば、憲兵も入れてくれますよ。
      !          ヽ   _⌒)



        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |        せっかくだけど、遠慮しておくだろ。
.      {          |        見たって、俺には何も分からないからね。
     {         ノ
  mm   ヽ      ノ         それより研究、頑張ってくれ。
 (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
     ̄ ̄ ̄|    |

14  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:20:08 ID:pebQrTbg


       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \       そうですか・・・。
  |        '      |
  \      ⌒   /       あ ッ !



      ____
     /\:::::::::/\
   /:::<○>:::<○>::::\ ,. -- 、
  /::::::::⌒._´_ ⌒::::::/    __,>─ 、
  |     |r┬-|   /          ヽ        0 . 5 だ ! !
  \    ` ー'´   {            |__
              }  \       ,丿 ヽ
             /   、 `┬----‐1    }
            /   `¬|      l   ノヽ
           /    、 !_/l    l    /  }
           {       \     l   /  ,'
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
             \     ヽ、\ __,ノ /
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/



     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)         ど、どうしたいきなり!?
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)



┌──────────────────────────────────┐
│ 栖方は小声の叫びをあげ、前方に置いた回転している扇風機を指差した。    │
└──────────────────────────────────┘

15  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:20:40 ID:pebQrTbg


         , -==- 、、
       /::::::::::::::::: \\
       /  :::::::::::::    、 、
      .:    :::::::________   ゙ ゙
        γ⌒ヽヽ:::::::::ヽ::: }: }
         .i   :}: }::::::::: }:::: |: }
      .::::::ゝ,_,,ノ_ノ_____ノ:::: }: }
      : :::::::::::.  :::!:::::!::::::::/ / 〃
        、::::::::::   ::i:::::i:::: / / 〃
        ヽ::::::::::  !:::::!//
           ` -==+ ' - '
              .l.__.|
                |`"'´|
                |   |
                |   |
      _. ,. - ─ ─|   |- ,,_
    (.    o o o`""´   `ヽ
     ` ー=、,,,_____,,,、= "
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

16  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:21:08 ID:pebQrTbg


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / `ヽ        ヽ,
         /( ○)    ´ ̄            あの扇風機の中心は0でしょう。
.        i       ( ○)     |        中の羽根は回っていて見えませんが、
       \  ´          /        ちょっと眼を外して見た瞬間だけ、ちらりと見えますね。
            \ `ー    __/
          /        \         あの0から、見えるところまでの距離の率ですよ。



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |u  (__ノ ̄   \        そ、そう・・・。
  \ u        |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



┌─────────────────────────────────────────┐
│ その日から私は、栖方のことがやけに気にかかった。                          .│
│ 栖方の心の中に得体の知れぬ狂気を感じ、いつかそれが彼の生命を奪うように思われた。    .│
└─────────────────────────────────────────┘

17  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:21:35 ID:pebQrTbg


┌──────────────────────────────────────────────┐
│ またある日栖方は、私の家を訪ねてきた。                                       .....│
│ この日は軍服に身を包み、前より幾らか大人に見えたが、それでも栖方にはまだ似合っていなかった。   ....│
└──────────────────────────────────────────────┘



               _.. ‐  ― 、
             /        \
            /  ⌒    ⌒  ヽ
              |  (● )  (● )   |
              |             |
              、    __´___       /
            ,ヘ 、  `ー'´   /
        ,.-― //////  _    //∧‐- 、
      ,!/|//ム..... -‐ァΛ   ////、‐-'/// / !
     ノ//|/////<´///∧  //////>/// / /|
    /////i//////\////y///////// / //|
  ////////.|///////\/////////// / ///|
 //////////l/////////////////// / ////|
//((////// |////////////////// / ./////|
V///////!  .|///////|/○////○///|///////|
.∨//////ヽ |///////|l/////////// |///////|
 ∨////// ー+- 、////|/○////○///|///////|
  \//////////`つ/||////////////|l///////i
     \////// ||///|/○////○///|.|///////|
.       \.//、 ||///|////////////| |///////|
        |./\||///|/○////○///| |///////|
         | ///////|////////////| |///////|
        .|////////|////////////| |///////|
        |//////// |////////////| |_/_/_/_/_|
         |/////////|////////////| | |、  〉
         | ̄ ノ ̄ ̄ ̄!_j ̄ ̄ ̄! ̄,|  l_j 〉./
         | ̄                ̄|  ー '

18  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:22:12 ID:pebQrTbg


          ___
        /     \
      / ノ    ヽ \
    /   (●)  (●)  \       先日お宅から帰って、どうしても眠れないんですよ。
     |       ´      |       お宅の窓にかけてあった、あの簾(すだれ)が眼について。
    \      ⌒     /
     ノ           \



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  | u  ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ       簾?
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \         僕はあの簾の横板が幾つあったか忘れたので、
    /   (●)  (●)  \       それを思い出そうとしても、幾ら考えても分からないのですよ。
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /        もう気が狂いそうになりましたが、とうとう分かった。
     ノ           \       やっぱり合ってた。22枚だ。

19  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:22:39 ID:pebQrTbg

      / ̄ ̄ ̄\
    / ノ    ヽ \              もう、しょっちゅうですよ。
   /  (●)  (●) \
  |        ´      |             この前も机の上にむつかしい計算がいっぱい書いてあるから、
  \      ー=‐'   /             下宿のおばさんに聞いたんです。
   ノ           \             「誰が書いたのか」って。

                             そしたら、僕だと言うんです。


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ           そんなことばかりじゃア、気狂い扱いされるだろう?
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /


        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \          どうも、既にそう思われているみたいですよ。
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \



┌────────────────┐
│ そう言うと栖方は、また笑った。  .....│
└────────────────┘

20  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:23:11 ID:pebQrTbg


       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、          それにしても毎日空襲で、恐いわね。
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、          いつここも狙われるか分からない。
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
     ー、l'l   l  l   ー‐─ -| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\
      l.l |l l,l下、 , /l.,rfテ卞,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 .r≠ミ 、ノ ! 弋tン |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾ弋ソ`   "" .l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヘ""      l /ヾ、    ヽ  ヽ
          //l >-  ̄  <// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'    ヽ   ヽ



         ____
       /     \
     /   ⌒   ^ \
    /    (⌒)  (⌒) ヽ        大丈夫ですよ。
   |        __´___   |        僕の兵器が完成すれば、もう一機も入れない。
   \       `ー'´  /
    ノ           \



        ___
       /     \
     /  ⌒:::::::::⌒\
    /   ( ○):::::(○)\         あと少し。
    |       __´___   |         ほんとうに、あと少しなんです。
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \

21  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:23:37 ID:pebQrTbg


┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐



    /\___/\
  /        ::\
  |               :|
  |   ノ   ヽ、   :|           やらない夫さん、実は昨日憲兵がウチに来ましてね。
  | (●), 、 (●)、.:::|
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \



    /\___/\
  / /    ヽ ::: \
  | (●), 、(●)、 |  
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |           憲兵が云うには、栖方は発狂しているそうなんです。
  |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|           だから、栖方が云うことは一切信用しないでくれ、と。
  \  `ニニ´  .:::/
  /`ー‐--‐‐―´´\



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)       ・・・そうですか。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

22  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:24:23 ID:pebQrTbg


┌────────────────────────┐
│ 一撃を喰らった感じで、伊達とともに私は沈んだ。    │
│ 栖方が云ったことは皆、嘘だったのだろうか。       │
└────────────────────────┘



    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |
  | (●), 、 (●)、 |           ・・・あの、やらない夫さん。
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  \   r‐=‐、  .:::/
  /`ー `ニニ´一''´ \



    /\___/\
  / /    ヽ ::: \
  | (●), 、(●)、 |  
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |            僕らも、栖方を狂人だということにしておきましょう。
  |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|            きっと、その方がいいですよ。
  \  `ニニ´  .:::/
  /`ー‐--‐‐―´´\



     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|
  |    /,.ー-‐、i  :::::|
  |    //⌒ヽヽ  .::|           きっと彼、夢と現実の区別がついてないんです。
  |    ヽー-‐ノ  :::::|           お前は夢をみているんだとハッキリ云ってやったほうが、よほど本人のためだ。
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\

23  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:24:49 ID:pebQrTbg


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ            ・・・そうかもしれませんね。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. | u.   (__人__)      ────栖方が云ってた特殊兵器、殺人光線ですか。
  |     ` ⌒´ノ      あれも皆、嘘なんですかねぇ・・・。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/     (殺人光線だなんて、科学者の、夢なのかもしれんな)
.   |        ノ l;;,´       (栖方はその夢にとりつかれて、いよいよ狂ってしまったんだろう)
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

24  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:25:14 ID:pebQrTbg


┌───────────────────────── ─ -‐‐

└────────────────────── ─ -‐‐
┌───────────────────
└─────────────── ─ -‐‐

┌───────────── ─ -‐‐
└───────── ─ -‐‐



          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \         先日天皇陛下から拝謁の御沙汰があって、参内してきたんです。
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
     ノ           \



┌────────────────────────────┐
│ 伊達と話した数日後に、栖方はまた私のもとにやって来た。   ...│
└────────────────────────────┘

25  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:25:40 ID:pebQrTbg


       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \          陛下は僕のことを、救国の士だと仰るんです。
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\        僕、もう頭がぼうっとして・・・。
  |      __´___    |        気狂いになるんじゃないかと思いましたよ。
  \     `ー'´   /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/       そうかい、それは芽出度(めでた)いことだね。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



      ____
     /⌒  ⌒\
    /(○) (○ ) \
  /    __´__      \        陛下は一度僕の傍まで来られて、それから自分のお席へ戻られました。
 |      -        |        その歩数を数えてました。11歩! 5メータです。
 \             /



┌─────────────────────────────────────┐
│ 栖方のことを、狂人だと思って話しているのかどうか私には分からなくなっていた。  ......│
│ すべて真実だと思えば、真実であった。                            ....│
│ 嘘だと思えば、またことごとく嘘に見えた。                            .│
└─────────────────────────────────────┘

26  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:26:00 ID:pebQrTbg


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \          今日は、父島から帰ったばかりなんです。
     |      __´___     |          その足でここに来ました。
    \      `ー'´    /
     ノ           \          僕、陛下のお話を、直ぐにあなたにしたくて。



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }          ・・・父島では、なにを?
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \       実験ですよ。光線が完成したんです。
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \

27  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:26:24 ID:pebQrTbg


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \     喜んでください。
 |      __´___     |     実験は成功しましたよ。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |      一番早く死ぬのは猫ですね。あれはもう、ころりと逝く。その次が犬です。
   \      `ー'´    /      猿はどういうものか、少し時間をとりますね。
    ノ           \



          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i     潜水艦にもかけてみましたが、うっかりして沈めてしまいました。
        i.    ::::: ( ○)     |     気の毒なことをした。でも、まア、仕様がない。
       \ _´__         /     国のためだから、我慢をしてもらわなきゃア。
           \  ̄    .__/

28  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:27:11 ID:pebQrTbg


       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\
  |      __´___    |       それと、高度一万フィートまでなら射程範囲だということも分かりました。
  \     `ー'´   /
                       奥さまに教えてあげてくださいね。
                       これで本土の防空はもう、大丈夫だと。



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'       頼もしい限りだね。
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



┌───────────────────────────────────────────┐
│ 何だか私は、ここまで彼と親しくなっても、それが事実かどうかを栖方に訊き返す気はしなかった。    │
│ どれもこれも現実離れしていて、かえって迫力を私にあたえない。                       .│
│ それに、心のどこかで彼を本当に狂人だと思っていて、すべて許してしまえるのだ。            .│
└───────────────────────────────────────────┘

29  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:27:32 ID:pebQrTbg


                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ          そういえばね、やらない夫さん。
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ         いま僕は一つ、悩んでいることがあるんですよ。
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ

30  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:28:08 ID:pebQrTbg
          /
          /
        /
.        /     ―- 、
       /
.       l        _   ヽ
     |     i /:::::::ヽ  }             僕は今まで一度も、死ぬということを恐いと思ったことはなかったんですが、
     |     | {::::::::::::} 丿             どういうものだが、先日から死ぬことが恐くなって来たんです。
     |     ゝゝ― '
     |
      l
     {
     ヽ
        `┬―                    . :
          \:.:.: : : : . . . . .  . . . . . . . . . : : : : :
         \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             `ーァ‐-. : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                /: : : : : : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           /: : : : : : : :
             /: : : : : : :



┌─────────────────┐
│ 栖方の本心が目覚めてきている。    .│
└─────────────────┘

31  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:28:28 ID:pebQrTbg


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ    ・・・ふむ?
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



          ___
        /     \
      / ノ    ヽ \
    /   (●)  (●)  \        なぜでしょうね。
     |       ´      |        僕はもうちょっと生きていたいんです。
    \      ⌒     /        それでこの頃、眠れないんです。
     ノ           \



┌──────────────────────┐
│ 深部の人間が揺れ動いて来ている声である。   ..│
└──────────────────────┘

32  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:28:49 ID:pebQrTbg


                     ______
                /           \
              /              \
             /  ――     ――  \           僕はもう、誰かにすがりつきたくて仕様がない。
           /   ,.-‐-、     ,.-‐-、    .\
          /      (・)         (・)      \        死ぬのが、恐いんです。
            |        `ー一   、  ー一′     |
            |                       |        なんだか不思議な気分だ。
          \.        ─ ー -         |
           \                   /

33  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:29:17 ID:pebQrTbg


                 ,..-――――‐-.、
          /             \
         /              '.,
         ./                    ',
          .,'                   l
       .l                __   |
       |                  _`ヽ..|
         |               ヽfj   l
        .|                   |         しかし、君、そういうところから人間の生活は始まるんだ。
       |         l                ヽ
        |       ',        (    丿        君もそろそろ始まって来たんだ。
        /        ヽ        `''=ニ´
      ./         \.          r''′        何でもないよ、それは。
    ./              \       l
.  /           ヽ  .`",ニ=--‐'′
. /      ヽ       ',   /
           \        ',  /
              `"''-..,,__ /
                 `ヽ

34  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:29:55 ID:pebQrTbg


                    -‐   ̄ ̄ ̄ ̄
                ´
                ´
          /
          /
        /
.        /     ―- 、
       /
.       l        _   ヽ
     |     i /:::::::ヽ  }
     |     | {::::::::::::} 丿                  そうでしょうか・・・。
     |     ゝゝ― '
     |
      l
     {
     ヽ
        `┬―                    . :
          \:.:.: : : : . . . . .  . . . . . . . . . : : : : :
         \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             `ーァ‐-. : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                /: : : : : : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           /: : : : : : : :
             /: : : : : : :



┌────────────────────┐
│ 栖方と会ったのは、これが最後だった。    .│
└────────────────────┘

35  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:30:16 ID:pebQrTbg


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 激しくなった空襲の折も、私は空を見ていたが、栖方の光線はついに現れた様子がなかった。  ......│
└──────────────────────────────────────────┘



                     (    '、  ,,ノ ゙i ‐''  :;!‐''
                     ゞ..,, ,,,..ノ‐'''、,,,,..ノ'''` ‐ ''
          _                                                  /"
         ´  、 `           ,:'  :、                                  /'"
           \ ('‐) `  .     _:. .: ' ,:'  :、      ,,..,,_             :'ヽ.        ,..  / "
            \ ``   `,, ':;`"´ `;  _:. .: ' _ ,,. ''"`,.升心         :i ヽ.\     / " //`;
             \   '‐- ` ",, ':;`"´ `;.:´_,,)   `''" ;ソ         \_ヽ::\,///,/`/
                    \     '‐- ,,. ''"    ,:'  :、 ''"          ,: :´ / :/;ヽ,/ /`/
                     ヽ,,  ,,. ''"  ,,.. - 、   _:. .: '  ..            `; // 、:i '"`/
, -:、             ,,.´ ''"   ,. "  ,, ':;`"´ `; ,:'  :、          / "、、  / `
   \        r¬;''"     :、´    '‐- ‐ 、 ''"  _:. .: '          "´ヾ.,,_`,/
    ` ‐-- ,,. '" `¨   .  ,,. ''" `,r''´'     ,, ':;`"´ `;  :          `/ /ヽ、
,,    ,,. 、 ''"      ,,. ''"´     `ヽ 、     '‐- ‐ 、 ''":、,           /,/ヾ,/
 ,,. ''"  ;!   ,,.  ''"´           \ 、      ヽ '"'       //、゙'/
"  ヽ    i ''"´                     \ " 、    ヽ         / '"ヾ/     ,r: ¬、   ,..
‐\. \ ,/                       \  、    ヽ     ,/ "          i:    : _ (
   ` ‐ "                         \  、    ヽ ,/"          :'´ ヾ::,, :'" `:
                                \  、.  ヽ ´    γ⌒ヽ   '、,, ,.ノ ..::::, ‐ 、
                                \"    ヽ   ,,..(   ::)‐、..:::  ,.r‐ 、:::i
                                  ` ― ''    (  :: ‐ :: ヽ,i  (   :: ::` -

36  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:30:40 ID:pebQrTbg


┌─────────────┐
│ やがて、終戦を迎えた。    │
└─────────────┘



                                                 、Х
                                             〈`
                                               /\
                                              //.:::.:.::〉
                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:

37  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:31:23 ID:pebQrTbg


┌───────────────────────────────────┐
│ ある日新聞を読んでいると、ある技師の死を伝える短い記事が載っていた。    .│
└───────────────────────────────────┘



__                        ___
ヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /
 ∨ ;:;:;;;;:;:;:;::;:;;;:;:;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/ijknw/;;:;::: /
  {⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}
   ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ
   / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /
   / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;:; {
  ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、_
   ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄
             ̄`´ ̄



┌─────────────────────────────────────────────┐
│ ────わが国にも新武器として殺人光線が完成されようとしていた。                      .│
│ その威力は三千メートルにまで達することが出来たが、発明者の一青年は敗戦の報を聞くと同時に、    .│
│ 口惜しさのあまり発狂死亡した。────                                      ....│
└─────────────────────────────────────────────┘

38  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:31:57 ID:pebQrTbg


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( _)(_)
  |     (__人__)
  |         ノ   ・・・栖方が死んだよ。
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.}
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |     ・・・。
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ     きっと負けて、よほど口惜しかったのね。
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.    可哀そうに・・・。
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !



┌──────────────────────────────────────────┐
│ 妻のそういう傍で、私は、栖方の発狂はもうすでにあのときから始まっていたのだと思われた。   ..│
└──────────────────────────────────────────┘

39  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:32:27 ID:pebQrTbg


┌────────────────────────────────────┐
│ ときどきやって来る伊達に、私は栖方のことを云い出してみたりしたが、        .│
│ 伊達は死児の齢をかぞえるつまらなさで、ただ曖昧な笑いをもらすのみだった。   ..│
└────────────────────────────────────┘



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



     ,r'\___/゙i         
   / ''''''    '''''' \        
   l (ー)、  ,(ー):::::::│       
+ │ ,,,、,r'( ,_、)(,,,   ('゙i│       
    ゙i ' -=ニ=-´  :::‐゙i        
+     ゙i______:::| !; l,,,_      
 +  _、-‐` !j,r';゙i,r'. |  ..::i "゙'‐- ,   
  ,.,r'~">   |,r':,,r'. ,.|:. .::(,     l   
  l゙|.  ゙i   |::;,r' ,.,r'.|゙''‐:;;|.゙゛'' ``'':,  
 |: |   ゙i  |,r'、,r'  !;;li::,r'     :,

40  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:33:07 ID:pebQrTbg


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)       けれども、君、あの栖方の微笑だけは、美しかったよ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l      あれにあうと、誰でも僕らはやられるよ。あれだけは――
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



┌───────────────────────────────────────┐
│ 微笑というものは人の心を殺す光線だという意味も、私は含めて云ってみたのだった。   ...│
└───────────────────────────────────────┘

41  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:33:30 ID:pebQrTbg









┌───────────────────────────────────────────────────┐
│ 何よりも美しかった栖方のあの初春のような微笑を、私は忘れることができない。                       .....│
│ 私は、回転している扇風機の羽根を指差しぱッと明るく笑った栖方が、今もまだに云いつづけているように思われる。  ....│
└───────────────────────────────────────────────────┘

42  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:34:03 ID:pebQrTbg


           ____
       ,..-''"´       "''-.、
     /  -―-    -―-  \
    /                   \
   ./     _        _       ',
  /     〃 ̄ ヽ   〃 ̄ ヽ     ',
  l              l          l       ほら、羽根から視線をはずした瞬間、回っていることが分かるでしょう。
  |                     |
  l        lニニニl         l
  ヽ          ヽ::::::::::ノ         , '       僕もいま飛び出したばかりですよ。ほら。
    \        `¨´       ./
      >――        ――<
   __./:::::i  \     / " !:::::::`:、._

43  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:34:29 ID:pebQrTbg


┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 横光利一の遺作に、『微笑』という短篇がある。                                   ....│
│                                                                  │
│ 「ぱッと音立てて朝開く花の割れ咲くような」笑顔をみせるこの青年は、                       .│
│ 殺人兵器が完成に近づいたときに戦争が終り、発狂死してしまう。                       ......│
│                                                                  │
│ 戦争という狂気の時代を積極的に生きた横光の、戦後のつらくはかない想いが、               ...│
│ この幼児のような「微笑」をただよわせながら殺人兵器を造ろうとしている青年を造形させたのだろう。    │
└─────────────────────────────────────────────┘



                    /\
                   /   \
                 /      \
                /             \
              /                 \
             /                  \
           /                      \
         r´ ´\                     /
         (    \                 /
          \     \            / .\
           \     \           /      \
             \     \       /          \
               \    \   /              \
               \    \∠_________\
                     \   r´=========r´
                      \ 《 三三三三三三三三三=
                     ヽゝ==========ゝ



┌──────────────────────────────────────────┐
│ まともな日常のおのれに帰れば、殺人兵器を完成させようとしたことは神経的に耐えられない。  ....│
│ 精神を平衡に保とうにも保たれない。                                    ......│
│ ふつう人間とは、おそらくそういうものであろう。――半藤一利『ノモンハンの夏』あとがきより      │
└──────────────────────────────────────────┘

44  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:34:53 ID:pebQrTbg







                できる夫は殺人光線を開発するようです






                          終わり

45 名無しのやる夫だお 2012/01/22(日) 02:35:50 ID:LpNk1mgQ

46  ◆iQd0TAvhck 2012/01/22(日) 02:38:22 ID:pebQrTbg
以上です。ありがとうございました。

横光利一氏の作品はどれも哲学的で難解ですが、本当に美しいです。
このスレをご覧になった方が、原作を読んでいただけるようなことがあれば、
望外の喜びです。
たいてい青空文庫で無料で読めますので、ぜひ原作をあたって下さい。

どうもありがとうございました。

47 名無しのやる夫だお[sage] 2012/01/22(日) 02:39:44 ID:Ng.Agk5g

来たら終わってたwww
関連記事
[2012/01/22] TB(0) | CM(0) | ■短編集

コメントの投稿

※誹謗中傷・スパムコメは削除対象となります












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://yaruospecial1.blog.fc2.com/tb.php/58-3e93f968


copyright © 2017 やる夫スペシャル all rights reserved.

   Benri-navi by myhurt Template by FC2ブログのテンプレート工房 ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。